脊柱管狭窄症(80代女性)

【問診】

 80代女性整形外科にて脊柱管狭窄症の診断を受け改善が見られないので来院しました。(手術を進められていた。)高いところの物を取るなど両手を上に上げると、右足ふくらはぎから足の裏に痺れが出る為、日常生活に支障をきたしています。歩行においても5分以上歩くと痺れとだるさが出てしまい、杖をつきながら休み休み歩いています。

 

【検査】

 体幹は左に傾き、前屈状態でゆっくり歩行しています。

 前屈では痛みは全くありません。

 体を反らす、右に体幹を倒すと右足に痺れが再現されます。

 L4/L5右変形、T10圧迫骨折

 

【評価】

 脊柱管狭窄症による下肢の痺れと間欠行。

 

【施術】

 脊柱管狭窄症を起こしている部位を明確にして、椎間を広げると共に動きをつけていきます。また、脊柱全体の可動性を付け狭窄部位の負担を減らしていきます。

 

【経過】

 3回目施術後より、歩行時間10分に伸びてきましたが、生活動作による下肢の痺れは変化あちませんでした。

 5回目施術後より、高いところの物を取るときの痺れが半減してきました。8回目以降杖なく20分以上歩行が可能になりました。

 

現在では、日常生活での痛みは無くカーブスに通えるまでになりました。また、定期的に施術をうけてもらっています。

 

JR横須賀線 保土ヶ谷駅 西口徒歩 1 分

横浜市保土ヶ谷区岩井町

32番地

柏木ビル 3F

受付時間(予約制)

 

平日    9:00~20:00

土・  9:00~18:00  

木曜・日曜定休

 

祝日営業してます。

 

045-331-8018